長く愛用するためのワンポイントアドバイス

カメラに限らず“メカ”ものは、購入時の箱に閉まって、さあ、安心…というわけにはいきません。そのまま放って置くと、巻上の軸や可動部が油やサビなどで固まってしまいます。
コンディションを維持するために最善なことは、もちろんカメラを使ってあげることですが、ここでは基本的なお手入れ方法をご案内します。

カメラ清掃

ブロアーでホコリやゴミを飛ばしましょう。

柔らかい布(カメラ用のクロスやセーム革など)で

丁寧に拭きます。

細かい場所は綿棒を使うときれいになります。

一眼レフカメラのミラーやシャッター幕は、

むやみに拭いてはいけません。簡単に傷がつきます。

ほこりなどはブロアーで軽く飛ばす程度にしておきましょう。

レンズ清掃

プロアーでほこりやゴミを飛ばしましょう。

柔らかい布(カメラ用のクロスやセーム革など)で

丁寧に拭きます。

細かい場所は綿棒を使うときれいになります。

レンズ面はむやみに触ってはいけません。

もし、触って指紋などが付いてしまったら、

専用のレンズクリーナーと専用ペーパーで

レンズの中心部から外側に向かって

円を描くように軽く拭きます。

正しい拭き方をしないとコーティングに傷が付いたり、

拭きムラができたりします。

レンズ清掃は細心の注意を払って行ってください。

保管方法

カメラの保管に最適な条件は、適度な温度と湿度です。

え?!湿気?と思われるかもしれませんが、

乾燥しすぎると、レンズのコーティングにひびが入ったり、

バルサム切れが起きたりと、レンズへのダメージが

大きくなります。

一方、多湿の状態で保管すると、カビが発生します。

カビが好きな環境は、温度が10〜35℃、湿度が60%以上

と言われていますので、このような条件にならないよう

温度と湿気の管理ができる防湿庫をおすすめします。

しかし、防湿庫は写真を学ぶ学生には値段が高かったり、

置く場所に困ることがあります。

そんな時は、大きめの密閉できる箱に

カメラやレンズと一緒に乾燥材を入れておくと良いでしょう。

むき出しのまま保管するよりははるかに良いですよ!

しかし、なんと言っても最良のメンテナンス方法は、

カメラを外へ連れ出し、撮影してあげること

ではないでしょうか!

雨に濡れてしまったら…

湿気でカビが生えてしまいますので、

上記、カメラ・レンズ基本清掃をしたら、

しばらく乾燥させましょう。

海辺で撮影したら…

潮風にあたったカメラは塩分が付着しています。

ベタベタになったまま放置しておくとサビや劣化の原因に…

湿らして、よく絞った柔らかい布で塩分を拭きとりましょう。