マミヤシックスの修理。シャッター不良です。

マミヤシックスK2型

今回はマミヤシックスの修理です。
マミヤシックスは1940年(昭和15年)に1型が販売されましたが今回の修理は1956年(昭和31年)に販売された最後期の機種K2型になります。
当時、大変な人気を得たスプリングカメラです。

レンズはセコール.S 75mm / f3.5でシャッターはコパルMXを搭載しています。

コパルMXシャッター

マミヤシックスの特徴と言えばバックフォーカス機構になります。
普通ピント合わせをするときはレンズを前後させて行いますが、バックフォーカスはフイルム面を前後させてピント調整をおこないます。
原理としては大判カメラのピント調整と同じですね。

ピント調整ダイヤルとリンケージ

今回のご依頼品の故障個所はシャッター不動です。
やはりシャッターに油が回ってしまい動作を悪くしていました。
分解と洗浄をします。

マミヤシックスK2
1956年発売
レンズ:セコールS 7.5cm / f3.5
シャッター:コパルMX
フイルム:ブローニー120タイプ
フォーマット(画面サイズ):6×6判 / 6×4.5判 切替え可

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

スポンサーリンク 最近の投稿