ミノルタ MCロッコール-PG 58mm f1.2の清掃

ミノルタ MCロッコール-PG 58mm f1.2

先日清掃したオリンパスのズイコー55mm/f1.2に負けじと大口径なレンズです。

見た目は割ときれいだったのですがピントリングを回すとジャリジャリとなんとも不快な手触り…。分解してみるとヘリコイドやら鏡胴に細かいゴミやら汚れた油などが付着していました。

ミノルタ MCロッコール-PG 58mm f1.2

ヘリコイドをきれいに洗浄してグリスアップ。動きがとてもよくなりました。

 

ローライフレックス 3.5Fの修理

ローライフレックス 3.5F

スローの調子が悪いのとピントの繰り出しがやや重たいカメラです。

ローライフレックス 3.5F

写真は巻上側を分解したところ。真ん中の茶色いところがピントの繰り出し機構です。きれいにしてグリスを再び注入。スムーズに動くようになりました。

ローライフレックス 3.5F

スローガバナーもきれいにして完了です。

出張修理相談会をやります

中古のカメラアクセサリーとジャンクカメラ でおなじみの我楽多屋さんの懇意でがらくた市にて、修理相談会を行うことになりました。お時間に余裕のある方、ぜひ遊びに来てください!もちろん、修理のご相談もお待ちしております!

日時: 6月23日(土) 16:00~17:00(予定)

開催場所: 我楽多屋

住所: 〒160-0007 東京都新宿区荒木町8 木村ビル2F

地図: http://arrow-camera.weblogs.jp/blog/address.html

交通アクセス: 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 都営地下鉄新宿線「曙橋」駅ともに徒歩3~4分

 

 

ライカ ズマロン Lマウント 35mm f3.5のレンズ清掃

ライカ ズマロン 35mm f3.5

ライカ ズマロン 35mm f3.5  今回のミッションは絞り羽根に乗った油の除去です。

ライカ ズマロン 35mm f3.5

さあ、分解。というわけでレンズユニットを外すのですが、後部にあるカニ目(写真では外側にあるカニ目)がまったく動かず…。あれや、これやと格闘すること3時間、ようやく回すことができました。

ライカ ズマロン 35mm f3.5

ここさえ外せればあとは、ぱっぱとやるだけです。(と、ここで気を抜くと思わぬ落とし穴があるのでそこは慎重に)

思いのほか時間がかかってしまった1本でした。

 

オリンパス M-1のカメラ修理

オリンパス M-1

希少なカメラ、オリンパスM-1の修理です。

オリンパス M-1

ところどころOM-1との違いが見られます。

ファインダーの上にみえるカビのようなものは劣化したモルトです。これがプリズム腐食の原因になります。これをきれいに除去してきれいなプリズムに交換します。

このほか、モルト交換、割れた巻上レバーの交換、露出計の調整、シャッタースピードの調整、各部清掃をして完了です。