流氷の見える丘6

8月に入りオホーツクにも観光最盛期がやってきた。網走の道の駅は連日車中泊の車がぎっしりで、日中は道外ナンバーも多く非常に賑わっている。

お盆シーズンには家族連れ、バイカー、自転車旅人、外国からの旅行者などが一斉に知床を目指して遡上します。僕も11~14日までウトロのキャンプ場に行きましたが、すっごい人。高級なテントとタープがばんばん立ってて、次から次へと人がおしよせてくる。
やっぱどこにでもキャンプ好きはいるもんだなと感心しました。

2017年8月 北海道斜里郡斜里町ウトロ 国設知床野営場

2017年8月 北海道斜里郡斜里町ウトロ 国設知床野営場

ただ、人が多いのが嫌な人や、お盆を外して休みが取れるなら是非そうした方がいいと思います。

知床のウトロにはスーパーがないので、基本的にコンビニが調達のメインになりますが、常に品薄でトイレもすっごい混む。お盆だけ日帰り入浴お断りのところもある。

これがお盆を外すとどこのキャンプ場もガラガラ(金、土はそれなりにいる)で静か。静かだから鹿や狐も寄ってくる(鹿はマダニ、狐はエキノコックスを媒介するので触ったりしないように)。外せるなら是非お盆の前後で。

知床のキャンプ場の朝晩は10度前後まで冷え込むので、薄手のダウンや暖かいパンツが必須です。

お盆を過ぎて思い出すのは…

北海道、特に道東方面は台風がほとんど来ず、住んでいる人の災害意識は高くありません。実際、今年2017年もまとまった雨はほとんどなく、安定した天気と気候で非常に心地いい季節が過ぎていて、去年のことを忘れてしまいそうな気がする。

昨年2016年の8月に来た4つの台風被害は凄まじかった。川、道路、畑、線路、変わらないと思っていたものがあっという間に流されていった。
収穫直前の玉ねぎは地形ごと何処かへ流され、日勝峠はまだ崩れたままだ。

日本は災害大国だと自覚はしているけど、被害を目の当たりにするとどうしようもない気持ちで苦しくなる。そして写真には何ができるのかと毎回考えてしまう。
写真は基本的に記録のメディアなので、撮ったものは全部歴史になりうると思っています。それが風景だろうと個人的な趣味事だろうと、家族の記念写真でも建物でも、なんでも。時間が勝手に歴史にしてくれるから、ばんばん撮るべきだと思うし、そう思っているから僕は撮っています。
北海道の道東が好きだから、好きなものが思い出として消えないように撮っているのです。

だから、ふと何気なく撮ったものでも、今は無きかつて光景になってしまうことがこれから先まだ待ち受けていると思うと、気が重くなる。

形あるものはいつか無くなる、それは仕方がないことだけど、悲しいことはできることなら起きないでほしいと願うばかりです。

最後に

先月購入したFUJI GF670の1ヶ月使用レビューを少し。

8月の撮影は全てGF670で行いました。撮影本数はブローニー120のコダックT-MAXを30本ほど。

このカメラ、以前まで使用していたPENTAX67Ⅱ + 90mmの重さの約1/3しかなく、非常に軽く(中判としては)蛇腹でレンズを収納できるため薄い。リュックはおろか、小さめのショルダーバックにも難なく収まるコンパクトさで、重さ、大きさで諦めていた撮影フィールド(釣りや雪山など)にも携行できそうです。

描写ですが、PENTAXと比べてかなりシャープで繊細な気がします。甘さが少ないというか、立体感がアップした感じ。
非常に綺麗で暗室作業が楽しくなること間違い無し。ペンタはポートレート、GFはスナップや風景にあってるかも。

ただ、ちょっと気になるのが、PENTAX67と比べてネガの画像が2,3mm大きいです。ネガキャリアよりほんの少し大きいくらいなので間違いなく大きい。別に問題はないけど気になりました。

ファインダーは非常に見やすく気持ちいい。ピントも合わせやすい。ただ、絞りリングがちょっと操作しづらい(慣れてないだけかも)。
でも、もともと忙しい撮影をするならこのカメラ選んでないので、全然問題無し。

このカメラで一番ネックに感じていたのが、レンズフィルターを取り付けたままレンズを収納できないところでした。これで購入を渋った方も多いのでは?僕もしばらく(2年くらい)ネックに感じて悩んでました。が、見つけました!

【ACMAXX LENS ARMOR Multi-Coated UV FILTER  Fuji GF670 Pro camera】

長ったらしい名前ですが、オークションサイト『セカイモン』で見つけたこのフィルター、簡単に言うと枠のないガラスだけのフィルターを両面テープではっつけるやつで、コンパクトデジカメ用なんかも結構出てるフィルターです。アメリカからの取り寄せでお値段約9,000円…結構する。

なにやらUVフィルターでかなり頑丈な強化ガラス使ってるようです。今の所問題ないです。

でもこれ、フィルター本体が直径35mmくらいで、ぴったりサイズなんですが、40.5mmのフィルターの枠外して3Mの剥がせる両面テープ貼っとけばいいのでは?耐衝撃も見た目も悪いかもだけど、だいぶ安く、画質は上がる気が。

そのあたりはヨコタカメラ店主に相談してみようかな。

決して安くはないカメラですが、次もこれでいいかなと思えるくらい総合的に買って大満足のカメラでした!

2017年8月 北海道網走郡鱒浦

2017年8月 北海道網走郡鱒浦

写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

イコフレックスの修理

ツァイス・イコンの2眼レフカメラ、イコフレックスです。
今回は全体的な点検、清掃調整修理になります。


2眼レフカメラは構造上、貼り革を剥がしてからの修理となります。
このカメラの大変なところはその貼り革がとっても薄いことです。

剥がすのにとても神経を使います。

状態が良ければまだいいのですが、革が硬化していると亀裂したりひび割れてしまいます。

今回は割ときれいに剥がすことができました。

メカニカルな部分はローライフレックスに対抗するため、独自の機構となっています。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

 

流氷の見える丘5

日本各地でクマによる事故が多発しており、ここ網走周辺にもヒグマの目撃情報が日々流れてくる。最近では黄色に色づいた小麦畑の中を疾走するヒグマの動画(家から10km以内の場所)がTwitter上に流れてきてビビっている。

普段生活しているに分にはさほど影響はないが、写真を撮りにあちこち出かける身としては、やはり無視できないし何よりこわい。山の中でなくても油断できないのだから、ファインダーを覗く時も気を張って撮影している。

北海道観光の最盛期を迎え、北海道に写真撮影に来られる方も多いかと思います。特に道東、知床方面は、もはや日本では無いような自然景色や、昔ながらの家屋も多く残っていて、写真を撮るには最高だと思います。今時期だと、満開のジャガイモ畑やフッサフサの金色小麦、タンチョウもまだ見られるかな。来てみないとわからない北緯44度の独特の雰囲気が広がっています。

2017年7月 北海道網走郡小清水町 畑を歩くタンチョウ

2017年7月 北海道網走郡小清水町 畑を歩くタンチョウ

ただ、知床=世界有数のヒグマ密集地域での撮影はそれなりの心構えと準備も必要。

まず、クマがいることをちゃんと意識して行動する。当たり前のようだけど旅先では油断しがち。山道の路側帯に車を止めて、ちょっと散策程度でもクマ鈴くらいは持って行って欲しいし、できればクマ撃退スプレーがあればかなり安心できます(クマ撃退スプレーは飛行機に持ち込めないので宅急便で送るか現地調達)。スプレーを持ってる持ってないでは、安心感が桁違いです。

短パンはお勧めしません。特有のヤブ蚊(茶色のでかい蚊)に刺されるとボッコリ腫れてめちゃめちゃ痒い。藪のなかには脳炎が怖いマダニもいたりします。

実際、そんなアウトドア系の撮影しないよっていう方も、予備知識として頭にあると意外と役に立つかもしれません。なにせ、地域全体が自然のなかに包まれているので。

9月半ばまでは気温も天候も安定しているので、北海道はまさに天国。この時期の撮影は最高ですよ~

最後に私事ですが、この度新品の中判フィルムカメラを買ってしまいました。FUJIFILM GF670

7月後半に届いたので、撮影画像は来月のこのブログで。今月まではPENTAX67Ⅱでした。重いけど愛着のある良いカメラですが、しばし防湿庫へ。
写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

たまに旋盤 カメラの修理

普段はあまり旋盤を使うことはないのですが、
チョットした部品を作ったり、治具を作ったりするためにたまーに使うこともあります。

今回はライカ・ズミクロンの後玉カニ目ねじを外す工具を作りました。
カニ目の位置がレンズと鏡胴の間にあり、その隙間がわずかしかなく普段使用しているカニ目回しが使えません。

寸法を測りながら慎重に真鍮を削り出して加工します。

ぴったりと収まりました。これで楽に外すことができます。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

流氷の見える丘 4

2017年6月 北海道目梨郡羅臼町

2017年6月 北海道目梨郡羅臼町

 

北海道には梅雨が無い、というのはウソな気がする。雪が溶けて春になったかと思い安心できるのは大間違い。6月はとことん天気が安定しないのだ。

最高気温30度近い次の日に、5度くらいになりストーブを焚く日もある。雨もよく降る。観光客の人がブルブル震えながらツアーを回っているのを見かけるとなんだか申し訳ない気持ちにもなる。

ただ、天候が安定しないからといって家でゴロゴロしてるわけにもいかないし、撮影したいので車を走らせると、あちこちに霧が出ているのを見かける。

気温がぐっと下がった天気のいい日なんかは、あたり一面真っ白になっていて、見慣れた景色も新鮮に見える。倦怠期のサプライズ的なものだろうか。
知床峠が真っ白になって運転が怖かったときは、わずかに見える後光のような光が穏やかで、あの世に来ちまったのかと思った。

まぁ、自然現象を楽しめるのはまだまだ心が健康な証拠だし、それにつられてバシバシ撮らされちゃってる自分はこの場所を楽しめてると思うので良しとしよう。

ところで、6月は本当に釣り運が無く、せっかく友人がボートを手に入れたので、屈斜路湖でのトラウトフェスティバルや能取沖のジギングで鱈、ホッケ、あわよくばブリ…なんて夢膨らんでいたのに、天候不良、友人の体調不良が重なり全然釣りに行けていない…。もちろん撮影も兼ねているので残念極まりない。
7月こそは…
写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

貼り革がボロボロです_エルモフレックスの修理

エルモ社の二眼レフカメラエルモフレックスです。
全体的な整備でお預りしました。

見た目はきれいなのですが、

貼り革が硬化、ボディと癒着していました。

こうなるときれいに剥がすことは困難であり、

また、二眼レフの構造上、剥がさなくては修理ができないため、貼り革の交換を前提での修理となります。

新しい貼り革は合皮を切り出して作成します。

作図をしながら本体に合わせて微調整を繰り返して完成させます。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ