流氷の見える丘 3

ゴールデンウィークが明ける頃、道東にもようやく桜前線が訪れる。もはや前線なのか最後尾なのかわからないが、鮮やかな色はそれだけで心を満たしてくれる。

ところが、網走周辺にはお花見という文化は根付いていないように思える。昼間の公園や川沿いの土手など、気持ちの良い場所は多くあるにもかかわらず、

酒とつまみで桜を楽しむ人をほぼ見たことがない。せっかく咲いた桜も、あぁ咲いた…あぁ散ったくらいの雰囲気だ。

少し推察してみるとおそらくだが、オホーツクの5月の天候は非常に不安定で、大雪もあれば夏日もありうる。

ゴールデンウィークを越えるまではスタッドレスタイヤは絶対に変えないことからも、5月の連休前後の天候に期待はできない。

当然、雪が降るほどだから寒いし、風が吹けば体感温度はマイナスになる日もある。こんな日にお花見を予定した幹事は、次の日クビにされかねない。

全く読めないオホーツクの天気で一か八かのお花見を計画するような愚か者は、母校の某農大生くらいではないだろうか…。

 

網走のとなり北見市は焼肉の町と言われていて、そろそろ各家庭の軒先で焼肉(北海道ではBBQを焼肉という)を始める季節だ。暖かくなってくると、

物置にしまっていた焼肉セットを出してきて、ホームセンターで新しい網と炭を買いだす。

結局、花より団子。防寒着を着て家の前で炭を囲んで焼肉がオホーツクの春の訪れのように感じるようだ。

これからの季節、北見を訪れる方は週末の住宅地を歩いてみるといい。きっと想像と違う北海道が見られるはずだ。

 

もう暦では1年の半分が過ぎようとしているが、カレンダーではなく生活の変化によって季節が変わっていくことを感じることが、とても楽しい。

ゆるやかに大きな流れの中で人が営んでいく尊さが、ここにはあるきがする。

写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

コーワ SIX MMの修理

コーワの中判カメラ、コーワSIX MMの修理です。
今回はシャッター、ミラーの動作不良です。

このカメラは構造的にはそう複雑でもないのですが、
モルトの量がとにかく多い。

真ん中に見えるのはミラーダンパーですが、これを外すのに
まずは劣化したモルトの除去です。

劣化したモルトはボロボロになっていたり、溶けて粘っていたりと除去するのが大変なのです。
地道に取り続けます。

モルトを除去しつつ、ダンパーも取り外します。

取り外したダンパーは洗浄して、組直しをします。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

アイレスフレックスZの修理

アイレス写真機製作所の二眼レフカメラ・アイレスフレックスZですが、
銘版が「AIRES reflex」のため輸出版のようです。

Z型もいろいろ種類があるようで、
ニコンのニッコールレンズ付きやオリンパスのズイコーレンズ付きのものがあります。

今回のご依頼品のレンズはコーラル7.5cm/f3.5です。

シャッターの動きが緩慢なため、分解清掃整備となります。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

流氷の見える丘 2

2017年3月 小清水町止別川河口

2017年3月 小清水町止別川河口

北海道の冬は長いようで短い。

11月から降り始めた雪も3月に入ればピークを過ぎ、路肩や空き地に捨てられている巨大な雪の塊もじわじわと溶け始める。溶けきった草地からふきのとうがポコポコと頭を出すが、北海道ではそれを摘んで食べる人はほぼいない。

時間が空いている限り撮影に行くようにしているが、移住1シーズン目でビビっているためか、なかなか思うような遠出ができなかった。網走を中心に、斜里、ウトロ、標津、羅臼、弟子屈など、十分日帰りできる距離に撮影範囲が限られてしまったのは悔やまれる。

来シーズン(と言ってもあと半年もすればまた雪が降り始めるが)こそは冬の十勝、帯広方面まで足を伸ばしたいし、まだまだ行けていない地域が多く、道東の広さを実感する。

日本は小さな島国と思われているが、実はとても広い。気候も幅広くそれぞれの地域で独自の文化が発展している。中でも北海道は四季の変化が大きく、時間の流れを肌で感じやすい場所だと思う。その中にいる僕は何を見つめることができるだろう。むしろ何を見たいか、なのかもしれない。

雪が雨にかわるころ、川は雪解けの水で濁り、海は色を取り戻し、雪が溶けて葉のない裸の山に鹿の姿が見える。

人は見ようとするものしか見えない。興味ないものは視界に入らないものだ。

大きな季節に包まれて、日々見たいものにカメラを向けて行くことにする。

写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

 

写真展開催のお知らせ
2017年5月1日(月)~15日(月)
新宿ゴールデン街 こどじ
Open 19:00~24:00(日曜日休み)
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-1-9 2F
TEL:03-3205-1373

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

星の模様? ローライコードVの修理

RolleicordV

ローライコードV型です。
Va型、Vb型になるとピントノブが向かって右側になります。

フィルム室側からレンズの方を除いた画像です。
星型の模様が見えますね。これは何でしょう?

RolleicordV
じつは、これシャッターが開き切らず、あるいは閉じ切らずに止まってしまったものです。
(決してレリーズの瞬間を撮影したものではありませんよ)

原因ですが劣化したグリスと汚れなどが混ざり可動部の動きを悪くしたしてしまった場合が多いですね。

こうなると、シャッターを分解、洗浄、グリスアップなどをしないと元には戻りません。
またシャッター羽根に付着した油はきれいに洗浄しないと再発してしまいますので
完全に分解してからの調整になります。

RolleicordV

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

バナーにしてみました

ブログのサイドメニューにあるヨコタカメラへのリンクが地味だったので分かりやすくするためにバナーにしてみました。

 ← これです。

修理でご相談がある方はどうぞご覧ください!

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

流氷の見える丘 1

2017年2月1日 網走流氷接岸日 能取岬より

2017年2月1日 網走流氷接岸日 能取岬より

冬の網走には流氷が接岸し海は真っ白に静まり返る。そんな様子が一望できる丘に、いま暮らすアパートは建っている。夕方といえるような時間には辺りは真っ暗になっていて、雪に閉じ込められた夜はいっそう長く静かに感じ、暗室の赤いランプの中には冬の北海道が浮かんでいる。

2016年2月に東京から移り住み、2度目の網走生活がスタートした。1度目は大学生活で4年間暮らし、今回は暮らしながら撮影をするのが目的だ。

1度目の生活ですっかり北海道、特に道東の環境に惚れ込んでしまった僕は、卒業後も時間を見つけてはちょくちょく訪れていたが、東京での生活の区切りをきっかけにとうとう住みつくことを決めた。
もはや憧れとなっていたこの地で、そこにいるものとして写真を撮りたかったからだ。

網走で暮らし始めてちょうど1年後、写真専門学校の同級生であり【ヨコタカメラ】店主である横田務氏に写真と文の連載を持ちかけられたのには驚いた。用事で訪れていた東京で再会し、渋谷の安い居酒屋で『ホームページに写真と文を連載しない?」を持ちかけられ、酔った勢いと根拠のない自信で引き受けてしまった。
出会ってちょうど10年が経つが未だに何を言い出すか掴めない人で、この時も「よこさん、こうくるか~」と驚きつつも嬉しかった。期待に応えたかった。

流氷の見える丘で、しばらくもの思いにふける時間が増えそうだ。

写真家・松井宏樹
https://www.matsuihiroki.com/

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ