ヤシカラピドの修理

ヤシカラピドの修理です。右下の赤白エンブレムがかっこいいですね。このカメラは、右端に見える茶色の革紐を引っ張ることによって巻き上げることができる、珍しいカメラです。

ヤシカラピド

今回は、シャッター分解清掃とファインダー清掃でした。

ヤシカラピド

目玉の親父になりました。

ヤシカラピド

ファインダーユニットです。ファインダー内のフレームが蒸着されているので、触れないように作業するのが大変でした。

 カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

 

 

ミノルタα7000の修理

液晶表示盤から(右下、左側面、上部の黒い部分)液漏れしていました。

同型機種からきれいな液晶盤を移植しました。新品はありませんので、在庫品からの交換でした。

※もし、このような修理をご依頼される方は、万が一在庫がない場合がございますので、ご了承ください。

カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

コニカ サクラパック100のオーバーホール

かわいいカメラがやってきました。

トイカメラっぽい。でも結構年季入っています。1970年発売(wiki情報)です。

このカメラの特徴は、フィルムで、今は生産終了の126フィルムを使用。

珍しいので、少々前置きが長くなりましたが、今回はオーバーホールの依頼です。

フィルムが入手できないので、手軽に使用できないカメラですが(フィルムを自作する方もいるようです)、お客様の大切なカメラということですので、各部点検・清掃・修理を行いました。

フラッシュ用の電池室は、液漏れで腐食していました。フラッシュは外付けで、このカメラには付いていませんでした。ちなみに使用電池はPX825。

配線も腐食していました。これでは使い物にならないので、交換です。

カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

 

 

ヤシカ44の修理

手のひらサイズの二眼レフカメラ、ヤシカ44の修理。今回は、シャッターの点検でお預かりしました。

シャッターはコパルSV。スローシャッターの調子が悪いようです。

点検中にセルフタイマーの不具合も発覚。

こちら、セルフタイマーユニットです。分解し調整しました。

カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

小西六 パールIV の修理

1950年代の小西六、パールIV。小西六はコニカの前身の会社です。

スローシャッターがねばっていたため、分解清掃。

さらにシャッター羽根にも油が付着しており、分解して洗浄し、正常な動きに戻しました。

カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

ペンタコンsixTL

ペンタコンsixTL

ペンタコンsixTLの修理です。

ミラーが作動しなくなる不具合です。

このカメラは右肩に巻き上げ機構があり、左肩にシャッタースピードダイヤルがあります。

初め、原因がなかなか特定できず、作業は難航しましたが、この左右の機構を繋いでいる部品の接触不良が原因でした。

ペンタコンsixTL

 

カメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ