Werra(ヴェラ)の修理

カールツァイス・イエナのコンパクトなカメラ、WERRAです。
ヴェラと読みます。


一見、カメラのレンズカバーのようですが、


逆につけるとフードに変身します。

とてもシンプルでスタイリッシュなデザインですね。

今回はシャッターの不具合修理です。
シャッターをボディから外します。


シャッターはPRESTOR-RVSです。

油の付着や汚れを清掃していきます。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

ツァイスイコン・タクソナの修理

真四角(24×24のフォーマット)な写真が撮れるカメラ、ツァイスイコン・タクソナです。
シャッター不良の調整をしました。

グリスの固着や汚れによりシャッターが動作不良を起こしていました。
分解清掃を行います。

チャージ時にカウンター周りも連動しているのでこちらも清掃、注油をします。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

ニコン Wニッコール・C 3.5cm f3.5 の修理

Lマウントのニッコールレンズです。
ニコンでは独自にSマウント規格を採用していましたが、
Lマウント採用のニッカにも供給していました。

ご依頼品は絞り羽根に回った油の洗浄です。

このレンズ分解していくと、とある箇所にものすごく小さなイモネジを使用しています。
大きさはわずか1mm!
とても小さいですね。

出会った中では今のところ一番小さなネジ。
こんなネジをよく作ったなぁとバラしながらいつも思います。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

イコフレックスの修理

ツァイス・イコンの2眼レフカメラ、イコフレックスです。
今回は全体的な点検、清掃調整修理になります。


2眼レフカメラは構造上、貼り革を剥がしてからの修理となります。
このカメラの大変なところはその貼り革がとっても薄いことです。

剥がすのにとても神経を使います。

状態が良ければまだいいのですが、革が硬化していると亀裂したりひび割れてしまいます。

今回は割ときれいに剥がすことができました。

メカニカルな部分はローライフレックスに対抗するため、独自の機構となっています。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

 

たまに旋盤 カメラの修理

普段はあまり旋盤を使うことはないのですが、
チョットした部品を作ったり、治具を作ったりするためにたまーに使うこともあります。

今回はライカ・ズミクロンの後玉カニ目ねじを外す工具を作りました。
カニ目の位置がレンズと鏡胴の間にあり、その隙間がわずかしかなく普段使用しているカニ目回しが使えません。

寸法を測りながら慎重に真鍮を削り出して加工します。

ぴったりと収まりました。これで楽に外すことができます。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

貼り革がボロボロです_エルモフレックスの修理

エルモ社の二眼レフカメラエルモフレックスです。
全体的な整備でお預りしました。

見た目はきれいなのですが、

貼り革が硬化、ボディと癒着していました。

こうなるときれいに剥がすことは困難であり、

また、二眼レフの構造上、剥がさなくては修理ができないため、貼り革の交換を前提での修理となります。

新しい貼り革は合皮を切り出して作成します。

作図をしながら本体に合わせて微調整を繰り返して完成させます。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

コーワ SIX MMの修理

コーワの中判カメラ、コーワSIX MMの修理です。
今回はシャッター、ミラーの動作不良です。

このカメラは構造的にはそう複雑でもないのですが、
モルトの量がとにかく多い。

真ん中に見えるのはミラーダンパーですが、これを外すのに
まずは劣化したモルトの除去です。

劣化したモルトはボロボロになっていたり、溶けて粘っていたりと除去するのが大変なのです。
地道に取り続けます。

モルトを除去しつつ、ダンパーも取り外します。

取り外したダンパーは洗浄して、組直しをします。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

アイレスフレックスZの修理

アイレス写真機製作所の二眼レフカメラ・アイレスフレックスZですが、
銘版が「AIRES reflex」のため輸出版のようです。

Z型もいろいろ種類があるようで、
ニコンのニッコールレンズ付きやオリンパスのズイコーレンズ付きのものがあります。

今回のご依頼品のレンズはコーラル7.5cm/f3.5です。

シャッターの動きが緩慢なため、分解清掃整備となります。

 

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

星の模様? ローライコードVの修理

RolleicordV

ローライコードV型です。
Va型、Vb型になるとピントノブが向かって右側になります。

フィルム室側からレンズの方を除いた画像です。
星型の模様が見えますね。これは何でしょう?

RolleicordV
じつは、これシャッターが開き切らず、あるいは閉じ切らずに止まってしまったものです。
(決してレリーズの瞬間を撮影したものではありませんよ)

原因ですが劣化したグリスと汚れなどが混ざり可動部の動きを悪くしたしてしまった場合が多いですね。

こうなると、シャッターを分解、洗浄、グリスアップなどをしないと元には戻りません。
またシャッター羽根に付着した油はきれいに洗浄しないと再発してしまいますので
完全に分解してからの調整になります。

RolleicordV

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ

東京光学 プリモJrの修理

東京光学 プリモJr

東京光学のプリモJrの修理です。現在はトプコンという会社です。

東京光学 プリモJr

二眼レフカメラですがとても小さなカメラです。

比較でiPhone5を並べてみました。

フィルムはベスト判(127判)というフィルムを使います。

東京光学 プリモJr

今回は緩慢になってしまったシャッターの整備を行いました。

フィルムカメラ修理のご相談はヨコタカメラへどうぞ