ローライフレックス2.8Dの修理

今回の修理はライトバリュー表示が特徴的なローライフレックス2.8Dです。 全体的な分解清掃と調整修理となりました。 初期点検の段階でシャッターの動作不良がみられましたので分解して調整していきます。 全体的にグリスの劣化が … 続きを読む

目立たないけど頑張っている(とっても重要な)モルトプレーンの役割と劣化

モルトプレーンとは モルトプレーン(以下、モルト)とはカメラのフイルム室の光線漏れ防止材やミラー受けの緩衝材として使用されているスポンジ状の素材です。 ほとんどが黒い色をしていますがたまにグレーのものも見かけます。 当店 … 続きを読む

konica(コニカ)FSの修理。巻上げ不良です。

1960年に発売されたコニカFシリーズの一眼レフカメラ、コニカFSです。 コニカFの廉価版として販売されました。 ちなみにコニカFは輸出用として製造されたそうで総数が少なく、コレクション対象となっているようですね。 シャ … 続きを読む

ローライコード5の修理。シャッターが開いたままです。

ローライコード5型の修理です。 前にも紹介しましたが、このご依頼品もシャッターが開いたままです。 この状態で下手に動かすとシャッター羽根やそのほかの場所に不具合がでたりしますのでこのままの状態でばらすことにします。 シャ … 続きを読む

ヘリコイドってなに?

ヘリコイドとは オークションサイトなどでレンズの状態を表す時「ヘリコイドの動作スムーズです」とか見たことありませんか? 意味としてはピントリングの動作がスムーズな事を言うのですが、このヘリコイド(Helicoid)ってな … 続きを読む